WOO's Blog

日曜日, 5月 21, 2006

懐かしの味

日曜の夕方、ちょっと暑い一日だったので涼をとるにももってこいの私の田舎の料理を作ってみた。私の家では「冷や汁(ひやしる)」という味噌味の汁に冷麦やうどんを付けて食べるのが夏場の定番なのである。夏になると子供の頃から、ばあちゃんが作って食べさせくれたのでこれを食べるとばあちゃんを思い出す。懐かしの味である。我が家は埼玉のど田舎なのであるが、いくつか我が家の定番メニューというのがあって、やっぱいりそういう味って食べた本人もなぜか作れるようになっている。家では鶏を飼っていた。あちゃんがその鶏を絞めてまな板の上でナタを振るいながら軟骨と、肉を細かくたたいている姿が幼少の頃、鬼婆のようだったように覚えている。でも、そのミンチがかなり美味い肉団子になっていたことは知らなかったのである。軟骨入りの肉団子美味かったなぁ。
話は戻るが、どうやら宮崎でもこの手の料理「冷や汁」があるようだ主にご飯にかけて食べるらしい。 もしかしたら、当家の出は九州地方でその食べ方が変化して私の代まで伝承されたのか??とも考えられる。結構、同姓の人で九州地方出身の人多いし。ちなみに私は15代目である。(まだ独身なので御家断絶の危機にある)
我が家のそれはいたって簡単。
材料
  • 白ゴマ
  • しその葉
  • 砂糖
  • 白味噌
  • 冷たい水
  • きゅうり
レシピ
  • すり鉢で炒った白ゴマをすりつぶしながら、しその葉、砂糖、味噌を合わせて丹念にすりつぶす。
  • 冷たい水を入れて溶かす
  • 輪切りにしたきゅうりを入れてしばらく冷蔵庫で冷やす。
  • 冷麦や蕎麦などをゆでて冷やしておく。
  • 出来上がり。
あー懐かしい味です。ばあちゃんを思い出します。冷たい味噌味ときゅうりの歯ごたえがなんとも言えません。蕎麦がいくらでも食べられます。やっぱり、我が家の味っていいもんですね。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home