WOO's Blog

月曜日, 4月 17, 2006

映画レビュー

Cinderella Man
簡単に言っちゃうと、頂点を極める手前で没落し、世界恐慌のあおりで貧乏暮らし、愛する家族のために再び這い上がってくるボクサーの物語。テーマは”家族愛”なんでしょうな。あまりの貧乏暮らしのため、ライフラインである電気も停められてしまい、子供3人を親戚に預けてしまう・・。
仕事も無く困り果てた主人公は、電気と子供を取り戻すため昔の知り合いに物乞いまでする。
この辺は、ちょっと考えさせられたシーンではあります。
でも全体的には、なんかロッキーみたい。
オススメ度:★★


親切なクムジャさん
最近ハマっている韓国映画ですが、これは「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督の作品。「オールド・ボーイ」同様、かなり凄惨なシーンが盛りだくさん。ストーリー的には意外性もあり、まぁまぁかな。
主人公のクムジャさんは幼児誘拐の冤罪で刑務所で服役、真犯人である男に復讐するために殺人計画を立てる。って流れだったので、クムジャさんが最後は復讐を遂げてチャンチャンかと思いきや・・・。
これって、子供を意味無く殺された両親に向けてのメッセージだったのか・・。と意外な展開に関心。
しかも、いい感じでコメディーっぽくなってるので面白い。クムジャ役のイ・ヨンエも赤いアイシャドーが妖艶でイイ。
「オールド・ボーイ」のようなストーリーの急展開はなかったのがちょっと残念。
オススメ度:★★★

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home