WOO's Blog

日曜日, 4月 09, 2006

薩摩料理でごわす。?

4月最初の花金はどこも歓迎会やらで人がごった返していた。IV社のM君と弊社の後輩HK君、そしてJ社の若手コンサルタント YT君4人で歌舞伎町で飯でも食おうということになり、ちょっと趣を変えて薩摩料理を食べることになった。
薩摩っぽ

カウンターに10名、座敷に8名くらいしか入れないこじんまりした鹿児島料理の店。品数はあまり多くないがかなり気合の入った料理が多い。女将さんも器量よしという感じでよい。実は鹿児島ってまだ行ったことが無い。屋久島は行ったけど・・・。芋焼酎が好きなくせに行ったことが無いというのもよろしくない。機会を見て遊びに行ってみよう。などど考えながら、歌舞伎町の如何わしい「桜通り」を真っ直ぐ進んでいくと、「薩摩っぽ」がある。ビルの地下一階なので見つけにくいのでご注意を。入り口で女将さんらしき人と眼が会ったので4人と指で合図すると、首をかしげるようなそぶり・・・・。この手の郷土料理の店は地元から出てきている人たちの溜まり場で一元さんは相手にしていないのかなぁ。と思いつつ、座敷が空いているからどうぞ。ということなので我々4人は座敷に陣取ることになった。女将さんは「この人たち薩摩料理わかってるのかしら・・・?」ってな感じで、「うちはビールと焼酎しかないけどどうします?」なんて感じで辺りを付けてきたのでとりあえずビールから。4人でしげしげと壁につるされたメニューを見ながらとりあえず以下のようなものを頼んでみた。

地鶏の刺身(¥1,200)
産地直送だそうで、美味しい。久しぶりにこんなに美味しい鶏刺しを食べた。M君曰く、「ホタテみたいな甘みがある。」とまで言わせる絶品。
馬刺し(¥1,500)
熊本直送との事。桃井のトシさんと一緒に行った熊本の馬刺し屋にも負けないくらい美味い。甘みのある脂身と、口の中で解けてしまうくらいのやわらかさ。これまた美味い!!
つけ揚げ(¥700)
さつま揚げ。揚げたてを食べると口の中を火傷するのでご注意を。これもホクホクで美味しい。

焼酎
今回は五代をお湯割りにしてじょかで頂く。クセの無い飲みやすい焼酎。これまた美味しい。

全ての料理に気合が感じられるお店。芋焼酎をちびちびやりながら、いい仕事の施された料理を頂く楽しさがあるお店でした。
結局、4人で飲み食いして¥20,000位だったこの味なら文句はない。
オススメ度:★★★★★

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home