WOO's Blog

月曜日, 3月 27, 2006

シャーレン

このところ、中華料理に凝っているせいか、材料の油通しという工程が出てくる。
例えば、麻婆茄子なども一度先に茄子を油通ししてから調理する。その際に中華鍋と組合わせて使用するのがシャーレンだ。今、手元にシャーレンが無い。西友でも売ってなかった。購入しなければ。
と、シャーレンに関する情報を探していたら、シャーレンをパラボラアンテナに改造するという興味深いお話があったのでリンクを張っておく。
「わざわざ改造しなくても純正品買えよ。」
と言いたくなるのだが、この開発者魂が気に入った。素晴らしい。
でも、恐らく私はシャーレン買ってもパラボラにはしない。チューナーないし。

日曜日, 3月 26, 2006

麻婆豆腐

本日のディナーは、ゴイクンと麻婆豆腐。
ゴイクン(3回目)
ゴイクンはライスペーパーの戻し方次第で出来上がりが大きく変わります。前回も四苦八苦したが、ポイントは乾いたライスペーパーへ加える水分が多すぎても少なすぎても良くないという点。霧吹きなどで水分を加えると良いらしい。次回は霧吹きを購入することにしよう。

麻婆豆腐(初)

前回、麻婆茄子を作ったのでそれにならって挑戦してみた。
一応、レシピを載せておこう。
材料
  • 絹ごし豆腐
  • 豚挽き肉
  • ネギ
  • ショウガ
  • ニンニク
  • ごま油
  • 鶏がらスープ
  • 豆板醤(トウバンジャン)
  • 甜麺醤(テンメンジャン)
  • 山椒
  • みりん
  • 水溶き片栗粉
  • 塩(少々)
作り方
  1. ショウガ、ニンニクをおろす。ネギは細かく刻んでおく。豆腐は賽の目に切っておく
  2. 中華鍋にごま油、豆板醤、甜麺醤(テンメンジャン)を入れ炒める
  3. それに加えて挽き肉を入れ、焼き目がついてきたら鶏がらスープを入れて煮込む
  4. 酒、みりん、塩を少々加え豆腐を加える
  5. イイ感じにグツグツしてきたらネギ、山椒を入れ、水溶き片栗粉でとろみを付ける。
できあがり。(写真)お味は結構いけてますよ。下手な中華料理屋よりも美味しかったです。

本日のウェイト:75.2kg↑
最近、減量できてませんね。

土曜日, 3月 25, 2006

荻窪美味しい餃子の店

ふんよう亭
kuwathaiさんや桃井のトシさんからも高い評価を得ている荻窪駅南口「ふんよう亭」をT貝君と初訪問。
餃子が美味しいという話だったので、餃子専門店かと思っていたら、中華料理屋さんでした。
早速、餃子を2人前注文して生ビールを飲みながら頂くことに。
美味い。
ジューシーかつ、舌触りの良い餡と薄めの皮が絶妙。これならいくつでも食べられそう。
その他、麻婆豆腐、春雨のいためものも注文しましたが、味つかが上品でこれまた美味しい。メニューに無いけど紹興酒とザーサイを頼んだら出てきた。裏メニューなのかメニューに出していないだけなのかは不明。
荻窪からの帰りにちょっと寄って餃子をつまんで帰りたくなるようなお店です。

木曜日, 3月 23, 2006

放送業界について思ふ

某ラヂオ局のディレクターさん談
本日、とあるつてで某ラヂオ業界の方とお話しする 機会がありました。その方は早朝8時半からの番組のディレクターとのことで、朝5時起きでタクシーで会社へ向かい、終電がある時間までになんとか帰るという仕事だそうです。放送業界って大変なんですね。我々IT屋さんはフレックスタイムをある程度、自分の裁量で使えるので出勤時間も調整できますが、大衆を相手にしている番組を作っている皆さんはその責任は非常に大きなものなのでしょう。早朝の番組って我々からするとリスナーっているの?と思いたくなりますが、結構その時間帯ってゴールデンタイムだったりするそうです。へぇ×17。
労働環境としては我々はまだ楽をしているのかも知れません。恐らく日本の会社には再就職できないです。
本日のウェイト:74.8kg↓

月曜日, 3月 20, 2006

初ラウンド

飛び石連休の間の平日を有給休暇にしてゴルフを。先日の風塵被害を全く感じさせない青空と暖かい良い天気でした。場所は、都留カントリークラブ

ほぼ5ヶ月ぶりのラウンドで、全くクラブも握ってない。しかも、昨日の大風で練習もできずのぶっつけ本番
にしてはまともなスコアで満足満足。
このコース、左右が広くてOBしにくいのがありがたい。グリーンは速くてアンジュレーションがあり、ちょっと難しい。練習するには良いコースだと思う。食事もシャトレーゼの系列とあって美味しゅうございます。
スコアは54-58=112。まぁ、こんなもんでしょう。100を切るのはまだまだ先です。練習せずして進歩は無し。
本日のウェイト:75.2kg↑ ゴルフ場で食べ過ぎ。

日曜日, 3月 19, 2006

私の頭の中の消しゴム

いやー、今日は風が強かったですね。明日ゴルフなので打ちっぱなしでもしようかと思ったのですが、風が強すぎるので、先日購入したDVDを鑑賞することに。
私の頭の中の消しゴム

封切りされた頃にかなり人気はあったので、気にはなっていましたがタイトルからストーリーがなんとなく見えていたので期待しないでおりました。
あらすじは、27歳にして「アルツハイマー病」に侵されてしまった妻スジン(ソン・イェジン) と夫チョルス(チョン・ウソン)の物語。泣かせ系映画はとかく主要人物の死をきっかけに涙を誘うものですが、この映画は思い出をなくしていくという、ある意味死よりもツライ状況になっていきます。見所は、病名を宣告され離婚を申し出るスジンと、全てを受け止めるチョルスのバッティングセンターのシーン。そして、記憶が無くなってしまったスジンと再会し、一瞬記憶を取り戻すラストシーンですね。こういう終わり方しかないよねぇと思ってしまいますが、良いラストではありました。
ラストシーンでは不覚にもちょと泣けてきました。
ラブストーリー」のようなどんでん返しはないものの、純愛映画として良い出来だと思います。
ソン・イェジンは「四月の雪」にも出演しております。可愛さと綺麗さのある素敵な女優さんですね。オススメ度:★★★

ライスペーパー職人への道

本日も、休暇を利用してのゴイクン作りに挑戦。前回の反省を元にライスペーパーを一枚一枚ぬるま湯で戻しながら、具材を包むことにした。
ライスペーパーを一枚取り出し、片面にぬるま湯をかける。すると湯をかけた側に反ってくるので、
すばやく、湿った布巾で覆った大皿の上に湯をかけた面を下にして置く。そしてもう片側にぬるま湯をかける。ポイントとして、中心部だけではなく周辺部もしっかり湯をかけておくこと。でないと、具を巻く際に破れてしまうことがある。1分ほど待っていれば準備OK。
具を巻くときも、欲張らず小さめに具を投入することも重要。で、完成したのが下の写真。前回よりもできは良いです。もう少し修行したら、kuwathaiさんにもお披露目できると思います。本日のウェイト:74.0kg↓

日曜日, 3月 12, 2006

新メニュー

最近、自炊が減ってきたので今回は新しいメニューにチャレンジすべく食材を調達。
ゴイクン
ベトナムの生春巻きのこと。以下今回使用した食材とレシピ。
  • キャベツ(適量)
  • 黄ニラ(適量)
  • 緑豆春雨(適量)
  • 人参(適量)
  • きゅうり(適量)
  • 香菜(適量)
  • エビ(数匹)
  • イカ(良い感じで)
  • 豚肉(そこそこ)
  • ライスペーパー
  • スイートチリソース
キャベツは、電子レンジで2分くらい温めてしんなりした感じにして切り刻んでおく。春雨はお湯で戻して適当な長さで切る。エビとイカは塩茹でする。豚肉も茹でておく。他の野菜は千切りにしておく。
これらの食材を良く水切りしておく。
ライスペーパーはぬるま湯に30秒くらいつけてから、布巾などの上において水を切っておく。

最初は、吉祥寺のミス・サイゴンのように食事しながら巻いて食べるつもりでしたが、ライスペーパーがくっついてしまって数枚だめにしてしまったので、予め巻いてしまうようにしました。

なかなか上手く巻けないもんです。これは今後の練習で、気合の入った生春巻きが巻けるようになりたいと思います。
お味は結構、美味しかったですよ。
本日のウェイト:74.6kg↓

土曜日, 3月 11, 2006

ダイエット・プロジェクト -2nd Stage-

秘密兵器投入
ここ、3ヵ月ほどダイエットに励んできたわけですが、下のグラフからもわかるように食事だけではこれ以上の減量は難しそうです。この壁を打破すべく、新兵器を投入することを決断。早速、楽天でステッパーを購入しました。
アテックス社製 ゆらゆらステップトレーナー ¥7,480
楽天以外のサイトでは¥8,000~¥10,000程度で販売されています。手元に届いた物はかなりでかいです。やはり、セカンドステージのテーマは運動になってしまいました。本当であれば帰宅してからジョギングという手もあるのですが、恐らく続かないと考え投資を行うことで元を取れるように自らを追い込んでみることにしてみたという次第。
早速、踏み踏みしてみました・・・。結構、内股の筋肉が疲れます。10分と続けていられません。かなり体力、筋力が落ちてきていると実感・・・。
とりあえず、今日は300ステップ×3セットで勘弁しておいてやろう。
本日のウェイト:75.6kg

日曜日, 3月 05, 2006

SHINOBI

休日にもかかわらず、本日は昼から会社で仕事でした。余った時間で昨日借りてきたDVDを鑑賞。
SHINOBI
主演:仲間由紀恵オダギリ・ジョー
 長きに渡り、戦うことを禁じられていた忍者の二大勢力、伊賀と甲賀。ふたつの忍(しのび)は互いに憎しみあっていたが、それぞれの跡取りである朧(おぼ ろ)と弦(げんのすけ)之介は互いの立場を知らずに出会い、運命的な恋に落ちる。だが、宿命とも言うべき悲劇が二人を待ち受けていた。それは天下人・徳川 家康からの指令。伊賀と甲賀、5対5の忍術合戦で、どちらが生き残るかによって、次期将軍を決するというものだった。10人の精鋭たちが選ばれ、超人的な 秘術を用いた戦いが繰り広げられる中、敵として再会する朧と弦之介。運命と宿命に翻弄される二人の愛の結末は? そして忍たちの未来は―!?
ってなあらすじです。
内容的には特撮アクションあり、映像美ありで見応えはありました。ストーリーも判りやすく、ちょっと意外な結末(私としては)で面白うございました。
特にSFXが無理なく効果的に使われており、かなり迫力のある映像になっていたと思います。
ただ、難点を言えば忍の衣装が派手すぎです。これじゃ目立ってしょうがないといわんばかりの色使いなのでちょっと現実離れはしていますが、まぁ映像美を追い求めるとこの辺はいたし方の無いところか。
忍者映画というと「梟の城」、「RedShadow赤影」などを過去観ましたが、どれも今ひとつでした。
「SHINOBI]は、もう一度DVDを購入して観ても良いかなと思わせてくれる映画でした。
しかも、脇を固める俳優人も素晴らしい。綺麗な仲間由紀恵に加え、可愛い蛍火役・沢尻エリカ、艶っぽい陽炎役・黒谷友香とみなさん素敵です。仲間由紀恵はホームシアターの大画面でアップになっても映像に映える美しさですね。
オススメ度:★★★★

土曜日, 3月 04, 2006

Sydney-Final

長かった南半球の出張も本日が最後です。昨晩カジノのルーレットでちょっと儲けたので最後のランチは景気良く行こうということになり、M木さんと老舗のSeaFoodRestrauntへ。
Doyles on the Beach
物価が高いSydneyにおいて、ここはずば抜けて高いです。 CirularQuayからフェリーで15分程のWatsons Bayの砂浜に建つレストランです。創業120年以上の老舗だそうで、お客さんもお金持ちそうな初老の方々や観光客がほとんどです。
日本では砂浜沿いに建っている店といえば海の家くらいなもんですが、この店はれっきとした老舗レストランを120年以上もここで続けているそうな。
ビーチから5mのところに建っているので波音を聞きながら美味しいSeaFoodがいただけるという寸法です。Sydneyは都会とリゾートが30分以内の圏内で楽しめるという非常に良くできた街なのだなぁと感心しました。WatsonsBayはこのレストラン以外には何もなさそうな地域です。フェリーでやってくる人はほとんどがこの店目当てです。現に平日のランチでも写真のように並んでます。座席数は結構あるので長時間待たされることはないと思いますが、Dinnerは予約が必要かもしれませんね。
ランチメニューを見るとほとんどが$30~なのでびっくり。色々考えた挙句、最も値段の高い$95のDoyls Platterを注文。
出てきたのは大皿に
  • 茹で蟹
  • 茹で蝦
  • ロブスターグラタン
  • イカリング
  • サーモンの刺身
  • 白身魚(バラマンディ?)のフライ
  • エビフライ
がてんこ盛りです。いやー、大の男2人でも食べ切れませんでした。特にサーモンの刺身、蝦ミソの入ったエビフライ、イカリングが美味しいです。
Sydneyに来て、ここだけは高い金を払っても正解だと思えました。
一緒に頼んだ白ワイン
Doyles Fishermans Semillon, Hunter Valley NSW $31
も辛口でなかなか美味しかったです。
オススメ度:★★★★

Sydney-6

TARONGA ZOOCircular Quayの対岸にある動物園TARONGA ZOOへはWalf2から発着するフェリーと動物園のチケット込みで$37。タロンガとは「美しい水の眺め」というアボリジニの言葉だそうです。
コアラの一匹でも抱いてこようかと思ったのですが、この動物園ではその手のサービスはやっていなかった模様。暑さのせいか、だれ気味であまり動いている動物がいません。平日なのでダレダレです。唯一元気の良かった奴はカモノハシ(Platypus)君でした。
動物園の一番人気はやはりコアラのようですが、奴らは一日平均20時間は寝ているそうです。いいご身分ですね。

金曜日, 3月 03, 2006

Sydney-5

DIY Steak Restraunt
今まで、夕飯はアジア系しかもSeaFoodしか食べていなかったので、Ozらしい食べ物を食べようということになり、今回同行しているM木さんとO塚君の3人でOzBeefのステーキ屋を探して行動を開始。
Phillip's Foote
101 George St, The Rocks
ここは店内に入ると席に通されて待っているだけではご飯にありつけません。自分で材料を購入して、グリルで焼いて食べるというDIYのお店なのです。価格的には写真のTボーンが$25で、食べ放題のサラダバー付です。物価の高いこの土地で考えるとお得感はあります。
味は日本の牛肉と比べると大味ですがUS産のものよりはいけます。肉のカットが厚いので焼き上げるまでに一苦労です。
当日は19時くらいに店に入ったのですが平日でもかなりのお客が入っている人気店です。Sydneyにお立ち寄りの際は是非自分でOZビーフのステーキを焼いてみてはいかがでしょう?

木曜日, 3月 02, 2006

Sydney-4/Night

Night Cruise
今夜は会社のイベントでお客さんをつれて夜のシドニー湾をナイトクルージング。
DarlingHarbourに停泊している小型客船に乗り込み夕焼けの中、SydneyHarbourを ぐるっと約2時間ていどで一周します。GoogleEarthを使って今回のクルージングのルートを描いて見ました。
船内では、どこかの芸能プロダクションから呼んできたぴんからトリオOz版とマギー審司よりも腕の立つマジシャンが営業で来ていました。お客さんも大喜び?だったと思います。