WOO's Blog

月曜日, 2月 13, 2006

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)鑑賞レビュー

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)
原作を読んでいない私は、金田一幸助シリーズのような複雑な人間関係などを題材にした推理モノかと思っていました。
鑑賞後の結論としては、金田一幸助シリーズと陰陽師を足して2で割ってプレスして薄くした感じです。
姑獲鳥とは、柳の下で赤子を抱いてくれと頼む妖怪でお産で無くなった女性の怨念だそうです。いずれにせよ赤ん坊の猟奇殺人がテーマになっています。
姑獲鳥、呪い、多重人格症、憑き物落しがキーワードになっていますが、それぞれの関連の必然性が見出せずにエンディングへ突入してしまいました。嗚呼。
この映画色々ツッコミどころは満載なのですが、ストーリー展開が起・承・結でどんでん返しもなくいきなり結末になってしまい、謎解きの要素も薄かったです。
この物語で伝えたかったことは何か?と考えるに、
人間の眼に見えるものというのは実は自分の脳が作り出した世界でしかない。
仮想現実の世界。
なので、この世には不思議なことなど何も無い。
という事なのか?
ってな感じです。
印象に残ったのは、原田知世って相変わらず綺麗だということでした。

オススメ度:★★

2 Comments:

  • 僕は原作読了後、劇場映画を観ました。実相寺昭雄監督ということで、映像描写は秀逸でした-京極堂に向かう坂道(眩暈坂でしたっけ)は原作ではイメージしづらかったので、映画のシーンを観て、なるほどと。
    映画鑑賞中、「これは原作読まない人には、わっかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ。イェ~」と、松鶴家千とせ状態になりました。原作を読むと★1コ増えるかもしれません。

    By Blogger momotoshi, at 11:01 午前  

  • 原作読んでると、その密度の格差に映画の限界(例えば尺度)も見えませんか?
    ただ榎木津礼二郎役の阿部寛はイメージにはまってると思いました。
    早く新作が読みたいですな。

    By Blogger DaAlohaMan, at 8:18 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home