WOO's Blog

月曜日, 2月 13, 2006

諸星大二郎の世界

先日、なぜか急に諸星大二郎の漫画が読みたくなり、荻窪駅前のBookOffへ。諸星氏の漫画は、SF,日本神話、現代風刺など多岐に渡るテーマが一つのストーリーに織り込まれており、当時の子供が読むにはかなり高尚な内容でした。
私が始めて諸星氏の世界に触れたのは「週間少年ジャンプ」に連載された
  • 暗黒神話
  • 妖怪ハンター
  • 孔子暗黒伝
などです。小学校高学年の頃でした。これらの作品を読んで、日本神話とか結構詳しくなりました。
画風が今の繊細な漫画家からのそれとは程遠いフリーハンドで書いたようなラフな感じですが、またこれがいい味だったことを記憶しています。
去年、映画でも公開された「奇談」も諸星氏の「生命の木」という妖怪ハンターの中の一作品です。DVD化されたら速攻Getします。
さてさて、BookOffでは
  • 夢見る機械
  • 夢の木の下で
の2冊を購入。大量の中古本を取り扱うBookOffでも発見できたのはこの2冊だけでした。
しかたなく、前述の3作品はAmazonで購入することに。ちょっとした大人買いですね。昔はコミックス一冊買うのも、お小遣いをためて買ったものですが・・・。大人って奴は・・・。
本日のウェイト:75.2kg↑

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home