WOO's Blog

火曜日, 2月 28, 2006

Sydney-3

Han Cook Korean Restaurant今夜は日本のメンバとの電話会議があったため、独りで夕食をとることになりました。近場に韓国料理の店があったのでふらっと立ち寄ったのですが、これがまたいい感じです。英語よりも食堂の中での韓国語のほうが楽チンになっている自分に気付いてちょっと笑ってしまいました。
Han Cook Korean Restaurant
238-242 Pitt St, Sydney (Hilton裏向かい)
本日の夕飯は、Casビール、石焼ビビンバ、チャプチェ。美味しくいただきました。
オーストラリアは、以外にアジア系住民が多く中華、韓国料理などそこそこ美味しくいただけます。
下の写真はビビン冷麺。

月曜日, 2月 27, 2006

Sydney-2

頭痛が・・・。
日中は明日からの仕事の準備打ち合わせということで約18カ国のエンジニアの面々とミーティングです。中に以前に知り合った韓国人がいてちょっとほっとしました。アジアパシフィックの集まりといってもやはり英語でのコミュニケーションなので、英語がちょっと苦手な私にとっては韓国人の彼も同じ立場でお仲間なんです。
一通り打ち合わせが終わった後に、日本から招待したS社のお客さんと会食の予定。
下見がてらChinaTownをうろつきながら情報収集。MarketCityのInformationのケリー・チャン風味のお姉さんに聞くとGolden Century Seafood Restrantがお奨めとのこと。他にも東海酒家(EastOcean Restrant)もお奨めだそうです。残念ながらお姉さんの写真はありません。あしからず。
日中に下見がてら店を訪ねて予約状況を見るとほとんどの時間枠がうまっています。夜、店に向かうと、既に満席状態で入り口にお客が並んでます。なかりの人気店の模様。
店内では皇帝蟹($100/kg!!=キロ1万円くらい。かなり巨大な蟹です。)やバラマンティなどが、水槽に入れられて食べられるのを待っております。まさにタイヤキ君の心境でしょうね。我々は、MudClubの胡椒炒めと海老と野菜の炒め物などを頼みました。この手の店は良くあることですが、いつまでたっても料理が出てこないのでちょっとサービス的にはマイナスポイントです。味も香港や上海で食べた中華のほうが美味しいと感じました。どうも味付け自体が強く(塩辛く、濃い)欧米人向けになっている感じがあります。
店に入ってから暫く、どうも首の辺りが痛くなり頭痛がしてきたため会話もできず、なんか吐き気も催してきました。しかたなく中座してそのままHotelへ帰ってベッドにもぐりこんで夜の時間は終わりです。
頭痛のせいか、食事もあまり美味しくいただけませんでした。まぁ、客観的に見ても値段の割りにそんな美味しくなかった気がします。
おススメ度:★★

土曜日, 2月 25, 2006

Sydney-1/Night

夕飯をもとめつつ、Hotelのそばにあるモノレールに飛び乗り、ChinaTownまで。このモノレール小ぶりのサイズでかなりかわいいつくりです中心街のCityから港・ChinaTownを回ってます。 どこまで乗っても$4です。やっぱり高いです。
HAYMARKET側の駅で降りて、Webでお奨めであったMarketCity内のKamFook SharkFin Restrantへ向かったのですが、営業時間がPM7時までということでもう閉店してました。しかたなくChinaTown内をうろうろと・・。どの店も大体2人以上でテーブルを囲んでいるのでちょっと、一人では入りにくいなぁ。と思いながら探し当てたのがDixonHouseFoodCourt。よかった、FoodCourtなら一人でも気軽に飯が食える。早速、SeaFoodLAKSA(ラクサ)$7.0とVB Beerで夕食をとりました。美味しかったです。特に海老がプリプリで絶品でした。
やはりSydneyのSeaFoodは美味しいかも・・。LAKSAは元々はマレー、シンガポールの麺料理でココナッツ・ミルク味のカレースープに米麺が入っています。ここのLAKSAはココナッツ・ミルクがいいバランスで、豚骨スープのような甘みと旨みを出していました。その後、再びブラブラと夜の街を徘徊しHotel近くのBarでBeerを一杯飲んで本日の行動はおしまいです。
ウェイトが計れないのが気になります。

Sydney-1

いざ出発!! しかし・・・。
いきなりやってしまった。NEX乗り遅れました。成田到着時間を品川駅出発時間と勘違いして完璧な乗り遅れです。最近、ボケてきていてちょっとまずい感じです。気を取り直して1時間遅れのNEXに立ち乗りで乗車。搭乗2時間前にはなんとかCheckInできました。セクレタリのChieさん、お騒がせしました。m(_ _)m
さてさて、バタバタと乗り込んだQANTAS・QF022便ですが、満席状態です。結構若い、卒業旅行と思われる日本人の女の子やおじさん、おばさんが大挙して搭乗しています。私の席の周りはなぜか韓国のアジョシ、アジョンマばかりで、ニンニク臭がきつい環境でのOzへのフライトとなってしまい、なんか一人で笑ってしまいました。
つくづくアジアの方々と縁があるものだなぁ。
朝、8時にSydney空港に到着。宿となるSHERATON ON THE PARKへは、TAXI, 電車、Busなどがあり、Exchangeのお姉さんはBusを紹介してくれましたが、今回は電車を選んでみました。International Airport-St.Japmes Stationまで20分くらいの道のりですがなんと$12.8です。た・高い!! $1=98円くらいなので、かなり高い料金です。アジアでの感覚はここでは通じない模様です。HotelへCheckIn後、少し寝てからSydney観光のメッカであるCircular Quayまで散歩がてら行って見ました。ここは有名なOperaHouseやHarbourBridgeがある風光明媚な港です。確かに綺麗な港で景色もすばらしい。夜また来て見ようかと思いながらブラブラしてました。
遅いLunchは港の売店のハンバーガーで済ませ、夜に向けての胃袋の空き具合を調整。ハンバーガー1個とミネラルウォーターで$7.5(約800円)です。これも高い!!
旅行の最大の楽しみであり、最大の問題は食事です。アジアなどでは屋台とか食堂が充実しているので、気軽に一人で食事をとれるのですが、どうも欧米系の都市では気軽に食事がとれる雰囲気ではありません。
今夜は、ChinaTownへ足を向けて屋台めぐりで楽しんでみようかと思っております

金曜日, 2月 24, 2006

明日からSydneyです。

最近、夜中までの仕事が続きBlogもサボってしまっていました。
明日からシドニーへ1週間ばかり出張です。数週間前に10年パスポートの期限切れ6ヶ月前に気づき更新処理をしたばかりです。
後で知ったのですが、2月20日からはパスポートにICチップがバンドルされるようです。
このICチップ内に個人データと顔写真も記録されているので、顔写真を張り替えて偽造するような犯罪を防止することができるそうです。
ちょっと更新のタイミングが早かったか・・・・。私のパスポートがICチップ化されるのは10年後ですね。現行のパスポートもIC化することが可能なようですが、相当の費用が必要だそうです。

2冊目の新パスポートの一発目の入国スタンプはオーストラリアです。
1冊目はUSでした。アジアばかり行っている割には欧米系の国が最初に来ています。
明日から1週間、高カロリーな食事を取らないように気をつけながらの出張生活です。
本日のウェイト:75.2kg→

土曜日, 2月 18, 2006

カオソイ祭り

最近、仕事が立て込んできてその反動からか、ちょっと過食気味です。気をつけないと。
と、言いながら今朝買い物のために吉祥寺をふらついていたら、
Ciao★Chaingmai(チャオ★チェンマイ)

というタイ料理屋を発見。メニューにはカオソイの文字が・・。私のお気に入りのティーヌンではカオソイは扱っていないので、久しぶりにChaingmaiを思いながらカオソイを頂くことにしました。 内装はこぎれいな感じです。
出てきたカオソイはちょっと赤みがかったスープです。さてお味は・・・・・。
うーん。一言で言うと薄いです。ココナッツミルクの濃厚な味付けがありません。ちょっと残念。どちらかというと、Laosのカオソイの味付けに似ていたかな。
オススメ度:★★

期待が大きかったため、美味いカオソイがどうしても食べたくなってしまったので、ご近所にお住まいの桃井のトシさんから、西荻の「ぷあん」というお店を教えてもらいカオソイのハシゴを決断しました。
ぷあん
西荻窪駅南口から歩いて5分くらいでしょうか。路地沿いにひっそりとお店を構えています。店内に入るとタイのおふくろさん風味なオバサンが厨房を切り盛りしています。メニューを見るとカオソイ¥900は土日限定とのこと。早速、注文しました。
お味はGoodです。先の吉祥寺のお店と比べるとカレースープの濃厚さが段違いです。ココナッツミルクとカレースープが絶妙です。本日2杯目のカオソイをぺロッといただいてしまいました。
でも、やっぱりChaingmaiのバザールそばのカオソイ屋のオヤジの味がNo1です。国内であれば「ぷあん」もいいセンいってます。
ぷあん オススメ度:★★★★
本日のウェイト:75.6kg ちょっとまずいですね。

月曜日, 2月 13, 2006

諸星大二郎の世界

先日、なぜか急に諸星大二郎の漫画が読みたくなり、荻窪駅前のBookOffへ。諸星氏の漫画は、SF,日本神話、現代風刺など多岐に渡るテーマが一つのストーリーに織り込まれており、当時の子供が読むにはかなり高尚な内容でした。
私が始めて諸星氏の世界に触れたのは「週間少年ジャンプ」に連載された
  • 暗黒神話
  • 妖怪ハンター
  • 孔子暗黒伝
などです。小学校高学年の頃でした。これらの作品を読んで、日本神話とか結構詳しくなりました。
画風が今の繊細な漫画家からのそれとは程遠いフリーハンドで書いたようなラフな感じですが、またこれがいい味だったことを記憶しています。
去年、映画でも公開された「奇談」も諸星氏の「生命の木」という妖怪ハンターの中の一作品です。DVD化されたら速攻Getします。
さてさて、BookOffでは
  • 夢見る機械
  • 夢の木の下で
の2冊を購入。大量の中古本を取り扱うBookOffでも発見できたのはこの2冊だけでした。
しかたなく、前述の3作品はAmazonで購入することに。ちょっとした大人買いですね。昔はコミックス一冊買うのも、お小遣いをためて買ったものですが・・・。大人って奴は・・・。
本日のウェイト:75.2kg↑

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)鑑賞レビュー

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)
原作を読んでいない私は、金田一幸助シリーズのような複雑な人間関係などを題材にした推理モノかと思っていました。
鑑賞後の結論としては、金田一幸助シリーズと陰陽師を足して2で割ってプレスして薄くした感じです。
姑獲鳥とは、柳の下で赤子を抱いてくれと頼む妖怪でお産で無くなった女性の怨念だそうです。いずれにせよ赤ん坊の猟奇殺人がテーマになっています。
姑獲鳥、呪い、多重人格症、憑き物落しがキーワードになっていますが、それぞれの関連の必然性が見出せずにエンディングへ突入してしまいました。嗚呼。
この映画色々ツッコミどころは満載なのですが、ストーリー展開が起・承・結でどんでん返しもなくいきなり結末になってしまい、謎解きの要素も薄かったです。
この物語で伝えたかったことは何か?と考えるに、
人間の眼に見えるものというのは実は自分の脳が作り出した世界でしかない。
仮想現実の世界。
なので、この世には不思議なことなど何も無い。
という事なのか?
ってな感じです。
印象に残ったのは、原田知世って相変わらず綺麗だということでした。

オススメ度:★★

日曜日, 2月 12, 2006

WILKINSON

近所のQUEEN`S ISETANへ行ってみた。個人的には、なんか高級感がありすぎるスーパーマーケットという印象があって、あまり好きになれないタイプのお店なのだが、散歩がてらちょっと寄ってみた次第。
綺麗に陳列された野菜や食物・・・。値段も高いような気がする。そういうのがあまり好きになれない。
テレテレとドリンク類のコーナーを見ていると、WILKINSONのGinger Aleを発見。これ大好物なんです。普通のお店ではなかなか手が入らない代物です。これはドライタイプです。本当はClassicタイプが好きなのですが、間違えてしまいました。
ネットで調べたら、アサヒビールさんが取り扱ってたんですね。
同社のWILKINSONブランドの紹介サイトを見ると、元々日本のブランドだったそうです。国産ブランドと知ってちょっと驚きました。明治時代に偶然発見した炭酸鉱泉で炭酸水を製造し始めたのが創業のきっかけだったようです。

GingerAleというとCanadaDryが非常にメジャーなのですが、初めてこのWILKINSONを飲んだときの衝撃は今でも覚えています。本当にショウガの味がするのです。大人の味って感じですね。韓国にもショウガ茶というものがありますが、それに近いお味です。大好物が近所で手に入ることが判明して、ちょっと嬉しい今日の出来事でした。
本日のウェイト:74.6kg↓

金曜日, 2月 10, 2006

ティーヌン@西荻窪

今日は、大規模な提案がありなんとかそれを乗り切ったのでご褒美にティーヌンにてBeer Signを一杯。
夕食はバミー・ナームです。最近セットメニューができて、麺類+生春巻きで¥1,000也。
ちょっとお得な気がします。下の写真は、タイ風油そば「バミー・ヘン」とタイカレーセット。

タイの麺類などには、調味料としてナンプラーや砂糖を入れます。砂糖!?と聞いてびっくりされるかも知れませんが、チキンスープに砂糖が入ると、結構味が濃くなっていけます。お試しあれ。
本日のウェイト:75.4kg↓

今日のフライデー

「フライデーされる」という言葉も、もはや死語ですが、巷ではこんなことがあったようです。
元「モーニング娘。」で人気コンビW(ダブルユー)の加護亜依(18)が喫煙していたことが9日、明らかになった。所属するアップフロントエージェンシーでは本人らから事実を確認。同日より謹慎処分とした。10日発売の週刊誌フライデーが喫煙現場の写真を報じており、所属事務所が事実関係を調査した。

加護ちゃんって18歳だったんですね。まだ、中坊かと思ってました。
吸っていたタバコは「バージニアスリム」だそうです。まぁ何すってても関係ないですが、彼女が吸っててもあんまり似合いませんね。
今後はメディアへの露出を自粛して謹慎する模様。

熱烈なファンのサイトでは既に以下のような応援のメッセージが流れておりました。
大好きな加護ちゃんへ
ゆっくり休んでね
色々考えたり勉強したり 今までできなかった事この機会にやればいいじゃん
ちょっと遠回りするだけだぜ たいしたこたぁねぇーよ
ゆっくり休んだらいいよ
休んでる間に他にやりたい事が見つかれば
それを始めたらいい
今めちゃくちゃ加護ちゃんの顔がみたいけど
加護ちゃんにこのまま会えなくなったら辛いけど
加護ちゃんの未来は加護ちゃんのものだよ
これからの時間は自分自身のために使って欲しい
迷惑かけた人のことをすごい気にしてるだろうけど
みんな加護ちゃんの事はわかってるから
今は自分のことだけを考えて
ゆっくり休んでね
俺達とまた遊んでやるよ!って思ったら 
いつでも戻ってきてください
気が向いたらでいいからさ
加護ちゃんの未来を亜依してる!!


ご苦労様です。
やりたいことが、〇麻吸うことじゃなくてよかったね。加護ちゃん。合掌。

水曜日, 2月 08, 2006

広告代理店の罠

私は通勤にJR中央線を使っているのだが、その車内広告で最近非常に気になるものがある。この季節といえば受験シーズン。 受験がうまくいかなかった受験生や来年受験を向かえる高校生が通うであろう、予備校。
「みすず学苑」
何が気になるかというとまずキャッチフレーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
”怒濤の英語力”
怒濤
激しく荒れ狂う大波(デイリーコンサイス国語辞典)

うーん、なんかよく判りません。荒れ狂う大波のように英語力が頭に入ってくるという感じなのでしょうか?ホームページでの説明は、英語の教育には絶対の自信があるということらしいです。
まぁ、これはいい。これは・・・。
だが、これはなんなんだ!?
広告に載っているキャラクターが怪しすぎます。
まず目を引くのが
ヤマトタケル
なぜ???英語と関係があるのか全く不明。と考えさせる間も無く、否が応でも視線を釘付けにされるこのキャラクター・・・・。





なぽれおん君????
しかも付け鼻・・・・。
そして、ヅラ??なんか帽子とオデコの境目が変です。
なんでしょう?この
小林幸子が8時だよ!!全員集合のコントでナポレオンに扮装してる様な超B級感は・・・。
しかもこのベタなダジャレ・・・・。
どうせなら外人モデル頼めよ。JR全線に広告出すくらいの予算あるんだから・・・。と突っ込みたくなります。
いや待てよ、これって俺、まんまと広告側の戦略にハメられたのか?

疑心暗鬼になってしまうほどの作為的な広告です。もうここまで来ると無理やりを通り越して、注目を浴びるための狙いとしか思えません。

本日のウェイト:76.5kg→

月曜日, 2月 06, 2006

最近のダイエット状況

本日第三回目の体重測定をしました。結果先月から0.8kg減と低調です。うーん、これ以上は食生活の改善だけではどうにもならないのでしょうか・・・。そろそろ本格的に運動を入れないと目標の72kg台には到達しそうにありません。食べないダイエットは健康的にも体力的にもよろしくないのであとは運動かxx酸のようなサプリメント系に頼るしかないかもしれませんね。
この3ヶ月で得たものは、約8kgの体重を減らすことの喜び?と鍋物を料理する腕前が上がったことです。
本日のウェイト:76.4kg↑

水曜日, 2月 01, 2006

Alfa Brera

Alfa Brera
Alfa GTVの後継機で先の東京モーターショーでも展示されていた、モデル。ちょうど海外試乗レポートがWebで掲載されていたので読んでみた。元々はFRでの開発が行われていたようだが、市販モデルはAlfa 159をベースとしたFFの模様。私の愛車のAlfa 145Q4もFFですが、少々小回りがきかずクセがあります。エンジン音は最高です。
このBreraリアビューもかなりイケてます。日本人のデザイナーではなかなかこんなデザインはできないのではないでしょうか?昔トヨタでアルファを真似たような近未来的なカーデザインだったWill VSという車種がありましたが、なんか不恰好でよろしくありませんでした。そもそも日本車は車種のラインナップが多すぎて、しかもAlfa,BMW,Benzなどのように分かりやすいシリーズ、クラス形態ではないのであまり好きになれませんし、フロントマスクを見てもすぐにどこのメーカーか分からない日本車ってなんか節操が無い気がします。HONDAやMAZDAなどはフロントの顔が分かりやすくなってきましたが。
Alfa Breraは年内中に日本でも販売をするようなことは聞いていますのでちょっと楽しみですね。
本日のウェイト:76.2kg↓